ENGLISH

下肢班

[ 概要 ]

慶應義塾大学下肢班は、股関節と膝関節の2つの専門班に3名ずつのスタッフを配置し、それぞれ専門性の高い診療を行っています。総手術件数は550件以上で、侵襲が少なく確実で正確な手術を行えるよう常に最新の技術・知見を導入しています。

[ スタッフ紹介 ]

二木 康夫 Yasuo Niki

准教授
卒業年度 1993年
専門 スポーツ膝関節外科、リウマチ膝関節外科、バイオマテリアル・関節炎基礎研究

原藤 健吾 Kengo Haratou

講師
卒業年度 1999年
専門 スポーツ膝関節外科、人工関節、歩行解析、バイオメカニクス、リウマチ膝関節外科
留学 2005年 ウエスタンオンタリオ大学(カナダ)

小林 秀 Shu Kobayashi

講師
卒業年度 2001年
専門 膝関節、人工関節、スポーツ膝関節外科

大矢 昭仁 Akihito Oya

講師
卒業年度 2006年
専門 股関節外科、下肢人工関節置換術、下肢外傷

藤江 厚廣 Atsuhiro Fujie

助教
卒業年度 2006年
専門 股関節外科 下肢人工関節
留学 2020年 クリニックアラゴ(パリ、フランス)

PAGETOP

[ 実績紹介 ]

最小侵襲人工関節手術(MIS-THA, MIS-TKA)

皮膚や筋肉の切開を最小限にとどめて、インプラントを設置します。術後の疼痛が少なく、早期のリハビリ・日常生活への復帰が可能です。

解剖学的アライメントによる人工膝関節置換術(TKA)

従来の人工膝関節手術では荷重線に対し垂直な骨切を行っていました。我々はより自然な膝を再建することで患者満足度を向上できると考えています。3DCTおよび手術プランニングソフトを使用し、患者本来の下肢アライメントを再現した手術を行っています。

鏡視下前十字靱帯再建手術

解剖学的に靱帯を再建することにより、靱帯損傷で失われた関節安定性を獲得することができます。靱帯のリモデリングに関する画像評価、基礎的研究も行っています。

股関節鏡視下手術

股関節の関節唇損傷(FAI)や小児股関節疾患(化膿性股関節炎等)に対し、股関節鏡視下手術による治療に取り組んでいます。関節を切開する従来の手術に比べ、術後早期の回復が期待できます。

十字靭帯を温存した部分人工関節手術(UKA、PFA)

変形が軽度で、軟骨損傷が部分的である症例に対しては、損傷している部分のみを人工関節で置換します。この術式では十字靭帯を温存することができるため、術後の機能がより生理的となります。

PAGETOP